沿革

◆1926年12月1日(大正15年)

高崎線熊谷駅並びに秩父鉄道石原駅において営業する7店の運送店が合併
熊谷合同運送倉庫株式会社を創立

◆1938年(昭和13年)

倉庫業法による倉庫証券発行の許可を取得

◆1942年10月 1日(昭和17年)

熊谷合同運送倉庫株式会社を母体として、6社を統合
社名を熊谷通運株式会社として発足

◆1945年(昭和20年)

熊谷大空襲により倉庫焼失

◆1946年(昭和21年)

食糧庁指定倉庫となる

◆1950年(昭和25年)

広瀬川原営業所(現広瀬川原支店)開設

◆1952年(昭和27年)

一般区域貨物自動車運送事業の免許取得

◆1968年(昭和43年)

本社新社屋(熊谷通運ビル)竣工

上尾ターミナル支店(現上尾支店)開設

◆1972年(昭和47年)

鴻巣ターミナル営業所(現鴻巣支店)開設

◆1978年(昭和53年)

広瀬川原営業所(現広瀬川原支店)の倉庫を一部冷蔵低温倉庫へ改造

◆1979年(昭和54年)

熊谷貨物ターミナル開設で熊谷駅での取扱い通運免許を付替えし、熊谷支店を同時に開設

熊谷駅前営業所開設

◆1980年(昭和55年)

大宮操駅通運事業の免許取得に伴い大宮操営業所を開設

◆1984年(昭和59年)

大宮操駅廃止に伴い越谷貨物ターミナル駅に通運事業の免許取得

◆1985年(昭和60年)

熊谷工業団地内に工業団地営業支店を開設

◆1987年(昭和62年)

新座貨物ターミナル駅に通運事業の免許取得

◆1988年(昭和63年)

警備業の認定を受け金融機関の現金輸送を開始

◆1996年(平成 8年)

社史「熊谷通運70年のあゆみ」を編纂

◆2004年(平成16年)

上尾支店 安全性優良事業所(Gマーク)取得
鴻巣支店 新1号倉庫竣工(1,000坪)
     新3号倉庫竣工(230坪)

◆2005年(平成17年)

鴻巣支店   安全性優良事業所(Gマーク)取得
広瀬川原支店 安全性優良事業所(Gマーク)取得

◆2006年(平成18年)

創立80年を迎える

熊谷コンテナ支店 安全性優良事業所(Gマーク)取得

◆2010年(平成22年)

東松山インター付近に4,000坪の新倉庫賃貸。東松山ロジ支店開設

◆2012年(平成24年)

収入拡大・品質向上・無事故無災害・CSR・BCP等を中心に中期経営計画を掲げる

◆2013年(平成25年)

広瀬川原支店冷蔵低温倉庫にエチレンガス機能を増設

公益社団法人鉄道貨物協会が取組みする「エコレールマーク」の
協賛企業となる