JR貨物/広島でモーダルシフト説明会

日本貨物鉄道は2月18日、広島貨物ターミナル駅で鉄道コンテナ見学会を開催する。
見学会では、鉄道貨物輸送で最も多く使用されている「12フィートコンテナ」をはじめ、ウィング車(10トントラック)と同サイズの「31フィート汎用コンテナ」、保冷(保温)性能を備えた「冷蔵コンテナ」の展示を行う。
鉄道コンテナの特性や鉄道輸送のメリットを知ることを通して、モーダルシフトに役立ててほしいとしている。
■概要
日時:2月18日(水)13:30 ~ 16:30
場所:JR貨物広島機関区及び広島貨物ターミナル駅(広島市南区東駅町1-10)
主催:日本貨物鉄道(JR貨物)広島支店
共催:国土交通省中国運輸局、広島地方通運業連盟、公益社団法人鉄道貨物協会
対象:荷主、トラック事業者等の物流担当者(事前申込み必要)