モーダルシフトを知っていますか?

★トラックによる長距離輸送力不足対策に今最も期待されているモーダルシフト!

 ・日本全国を結ぶJRコンテナが環境やコストにも優しく輸送。

 ・現在大型トラックからJRコンテナへの輸送方法の切り替えが進んでいます。

 

【大型トラックと比較したJRコンテナ輸送の利点としては】

 ☑ 環境負荷が大幅に低減される
 ☑ お客さまのご要望に沿った立地
 ☑ 小ロットでの出荷が可能減

sub_tsuun3

1-環境負荷低減のモーダルシフト

2-長距離輸送のコスト削減

地球温暖化の原因のひとつとされるのがCO2(二酸化炭素)です。
鉄道は、輸送単位当たりのCO2排出量がトラックの約7分の1と、様々な輸送機関の中で環境負荷が最も少ない輸送手段です。
また、エネルギー問題や今後の少子高齢化に伴う労働力問題の解決に資することを目的としています。
長距離輸送では大型トラックと比較してJRコンテナ輸送の方が価格メリットがあります。
首都圏を中心にみると、九州、北海道のみならず東北、中国、四国方面においてもコストメリットが出ます。
ジャストインタイム納期においても、日本の鉄道は、高い定時運行率が確保されお客様のお荷物を、確実に、スピーディにお届けいたします。
また、トレーサビリティにおいて、お客様のお荷物が現在どこを走行中かリアルタイムに確認できます。
 

3-小ロットでも輸送可能の利便性

4-保管コストの削減可能

大型トラックと比較して小型サイズでの輸送が可能なため、小ロットでの輸送も可能です。
大型トラックでは大きすぎる容量の場合、標準12フィートコンテナを利用にメリットがあります。
鉄道コンテナは、発着の貨物駅において、一時無料で留置できるサービスがあります。
このサービスを利用すれば、お客様の納入計画にあった配達が可能となり、突然の納品日時の変更などにも、倉庫等を手配せずに対応でき、保管費用の削減が可能です。
 

subm_t1

subm_t2

subm_t3